小学生に入学する予行、物心ついた時折もっと、スキーを通していて

小学生に入学するフロント、物心ついた時折とうに、スキーを通していて、

小学校の時に、Jr の、スキー検定 一切に満足し、中学生1年生の時には、年寄りの2級まで満足

このまま師範の権迄取ってしまおうか(試行自体は、受けれた)という、言う場合、

無用様式モーグル(凸凹の斜面を 滑って、まっ最中2回の ジャンプ技をする競技)

に、興味をもってしまい、一心に技を磨いていた。

中学生3年生の時には、女子五輪選手と同じハードルの技ができたし、

簡単な技なら、ダディー五輪選手と同じ数できた。ヘリとか、トリプルツイスター とか、聞き取れるお客様いるだろうか...。

スキー選手を就労にしたかったので、一度はビッグイベントに参列してみたかったんだけれど、誰に聞いても、ふる里では開催していないと、言われ

いいかげん、諦めていた内 身近が

「ビッグイベント探してたよね?歳に1回 やってるらしいよ!」

といった、言ってきたのは 高校生3年生の 職歴が決まった先、その歳のビッグイベントも終わった後だった。

今では、嫁さん(幼馴染)が、子供達に

「父は、以前 凄いスキーが得手だったんだよ(代々外観)」

と、言っているが、

「今でも自負です!」

といった、胸を張って 言い直している。http://justvolume.com/